丹野覚税理士事務所 TANNO SATORU TAX ACCOUNTANT OFFICE 丹野覚税理士事務所

Office

会計で会社を強くする!代表・税理士 丹野 覚

会計で会社を強くする!

代表・税理士
丹野 覚

月次巡回監査の徹底

残念ながら、いまだに「会計帳簿を作成すること」「決算書を作成すること」は「税務申告をするため」だと思っている方が多いのですが、実はそうではありません。適時適切に会計帳簿を作成し、その正しい帳簿から導き出された最新業績から経営判断をしていかなければなりません。黒字経営を実現する、もしくは、さらなる利益体質を構築するには、タイムリーに自社業績を把握し、次の打ち手を考え、実行していくことの繰り返ししかありません。そのために私たちは顧問先様を毎月巡回し、自社業績管理体制の構築と経営助言に全力を注ぎます。

記帳代行は請け負いません

当事務所は、帳簿書類の記帳指導は徹底的に行いますが、帳簿書類の記帳代行は請け負っておりません。顧問先様にてパソコンに会計ソフトを導入していただき記帳していただきます。一見サービスが悪いように思われるかもしれませんが、記帳代行に頼っていると自社の数字がタイムリーに把握できません。自社で記帳するからこそ自社の経営状況が把握でき、問題点や課題が浮き彫りになり、それに対応していくことで徐々に黒字体質へと変化することができるのです。そのための記帳指導や経理体制の構築支援は徹底的にサポートさせていただきます。また、AIやIoTの発達に伴い、記帳の在り方も激変する時代に来ております。おそらく近い将来、手入力での仕訳入力はほとんどなくなり、通帳や領収書・請求書から自動で仕訳が作成される時代になるでしょう。
税理士事務所・会計事務所に同じ料金を払うなら、記帳代行に対する対価(=誰でもできる作業料金)、もしくは、黒字経営を実現するための経営助言に対する対価(=専門的な支援料金)、皆様はどちらを選びますか?

決算書の信頼性向上

当事務所では決算書の対外的な信頼性を高めることが顧問先様の発展に大きく寄与すると考えております。
まず1つ目として、税務署に対して決算書の信頼性を高めることです。当事務所では、「税理士法第33条の2第1項に規定する添付書面」というものを税務申告書に添付(以下「書面添付」という)させていただいております。この書面添付とは、税理士が行う申告書に対する品質保証であり、税務署もこれを尊重し税務行政の円滑化と簡素化を図ることを目的としております。つまり、当事務所が「この申告書は間違いありません」と太鼓判を押した申告書だということです。それにより税務署からの信頼を得られれば税務調査が省略されることがあるのです。
次に2つ目として、金融機関に対して決算書の信頼性を高めることです。私の座右の銘の1つとして、「他人の金で稼げ」という言葉があります。些か不適切な表現に聞こえるかもしれませんが、企業が大きくなるためには借入れは付き物です。自己資金だけでは投資の効率は多少高くなるかもしれませんが、投資の大きさには限界があります。当事務所では顧問先様の資金調達力を向上させることが顧問先様の発展に繋がることと考えており、顧問先様の決算書に様々な付加価値を付けさせていただいております。さらに、金融機関との連携にも特に力を入れておりますので、融資相談の際には気軽に当事務所までお声がけいただければ迅速に対応いたします。